top of page

INFORMATION

お知らせ

HOME > INFORMATION > 記事

テキスタイルアーチスト 赤坂 菫の個展 “Sumire Akasaka’s diary” --- 根津ギャラリー・バロールラボ 2023年4月22日から5月7日まで開催中

バロールラボ合同会社(代表・須藤良子)は、東京都文京区根津商店街のギャラリーにおいて、バロールラボ企画展 として、テキスタイルアーチスト 赤坂菫 の個展 “Sumire Akasaka’s diary”を2023年4月22日から5月7日まで 開催中です。

本展示では、赤坂菫が子供の頃からつけてきた日記を題材にした作品と赤坂のテキスタイルアート、そしてイラストレーションを展示しております。赤坂菫は、「なかなか会えない友達へ『私は元気だよーっ』 と伝える日記を初夏の軽やかな風が伝わる作品たちを楽しんでください」と述べています。

テキスタイルアートをバロールラボ・ギャラリーで展示したところ、海外からのお客様が家族へのお土産にと購入されました。テキスタイルは畳めるので、実は旅の持ち運びにも大変便利であることに、作家とギャラリーにとってもあらためて気づきでした。

バロールラボ合同会社代表の須藤良子は、「高い天井を生かした大きなテキスタイル作品を展示できたのは、当ギャラリーとしてもよかったです。赤坂菫のテキスタイル、イラスト、絵日記を展示することで、作家の思考回路の全体像が理解できる展示となりました」と述べています。

【アーチスト紹介】

赤坂 菫(あかさかすみれ) 北海道生まれのテキスタイル/ 染色アーティスト。JOSHIBIで中学から大学まで過ごす。女子美術大学工芸学科 染コース卒業・大学院博士前期課程 美術専攻工芸(染) 修了。10代の頃から「アートは空間移動装置だ」と言ってきた。言葉ではない、伝達するツールとしてアート制作をしている。町に存在する人工物のなかに生じる僅かなエラーを見つけ、惹かれている自分に気づく。染色作品の制作工程に通じるところがあるのかもしれない。


【ギャラリー と会社概要】

バロールラボ合同会社(代表 須藤良子)、博士(学術)。

元女子美術大学美術館学芸員の経験を生かし、当ギャラリー・キュレーターを務める。

主な著書 『琉球紅型のイメージと実像』 角川学術出版


valorlab バロールラボ アートスペース&カフェ

東京都文京区根津2−19−7(千代田線根津駅1番出口 徒歩2分)

バロールラボ合同会社はアートとライフデザインに関する業務を企画運営しています。 

バロールラボはカフェを併設したギャラリーで、在廊中のアーチストと、自家焙煎コーヒーやワインを楽しみながら、アートについて語ることができる、新しいアートスペースです。


問い合わせ先  info@valorlab.jp

電話 090-4242-7174

HP https://www.valorlab.jp/

インスタグラム  valorlab.japan



発表資料2023502
.pdf
ダウンロード:PDF • 12.58MB


תגובות


bottom of page